インストラクターのブログ
フィットネスタイル木原啓貴のオフィシャルブログ
フィットネスタイルトップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > 日々の出来事 > DVD撮影をして思う事(1日目)

DVD撮影をして思う事(1日目)

  • 投稿日:2013-03-26(火)17:57
  • 最終更新日:2013-07-02(火)18:47


本日より岐阜県に入り

いつもお世話になっている「フィットネスプログラムス メッツ」様の

DVD撮影に来ています。

通常は1日ですが、今回は2日間!!1日目が無事終了しました!

これまで私は数年前からDVDの撮影をさせていただいていますが、

撮影は回を重ねるごとに慣れていき、比較的スムーズに進んできました。

しかしながら、とても体力を消耗し、特別な場としての非日常的な配慮を行い、

終了後はいつも疲れていました!




しかしながら、今日はこれまでとは全く違う感覚でした。

それは自分のメンタルがあがったと自覚できたプレゼンテーションだと感じています。

イベントやレッスンの前にはいつも「あんこーリング」、、あ、間違えました「アンカーリング」という心理学のテクニックを使って

プレゼンに臨みますが、今日も当然使いました!

これは高いパフォーマンス状態を条件付けした精神状態をある仕草一つで起動するテクニックです。



本日1日目はステップDVDの撮影2本分です。

いつも2本撮影した後は、すごくぐったりするのですが、今日は疲れがあまりない!!!!



なぜか?


自己分析をしてみました。


まず


1、自分のパフォーマンスを楽しめている!

これは、「楽しい」と感じる事が疲労感やストレスが少なくするという事に起因しています

寒いギャグもたくさんいいました。


次に


2、程よく力が抜け、場特有の緊張感がない。

レッスンの時と同じようなほどよい緊張感を感じるのみでした!

なぜ場に緊張感を感じなかったのか??

それは自分自身が雰囲気作りをしていました。

ギャグを利用するなどして撮影してくれているメッツの方とのコミュニケーションが取れていました。

撮影中、彼らの笑顔を多く見る事が出来ました。



そして


3、意識の向けたところにエネルギーを使えた!

例えば、撮影する場所は狭いスタジオで、目の前にはカメラ等の機材ばかり。

足下は固定され、動く幅もある程度制限がかけられる。

そんなすべてを、否定的な要素としてとらえていくと、そこに意識が流れ、おそらく自分の半分の力も出せないのではないかと思います。


今日の私は全く気にせず、正確には気にならず、自分の頭の中のイメージで、”撮影する場”を”クラスを行っているいつもと変わらないスタジオ”として書き換えてみました。


そうすることでカメラの向こうには多くの参加者の皆様が見え、ライブでクラスを行っているように感じられました。


また、撮影してくれるスタッフの方も”動いている参加者”として見る事が出来ました。

意識を向けたのは通常のクラスです!

・・・

こんな感じでした!!


今日の状態って「フロー状態」かもしれません。(iM WorksではKNSです!)

フロー状態とは、シカゴ大学のチクセントミハイ博士が「究極の集中状態」を定義した概念です。

フロー体験が起きると、全てが「流れ(フロー)」のようにスムーズに進んでいき、最高の力を発揮でき、時間を忘れて没頭し、疲れを感じることもなく、最高の充足感を感じる事ができると考えられています。


変に力む事もなく、高いパフォーマンスの精神状態で臨めて今はほっとしています!(iM WorksでいうKNS)

自分の意識の向け方で、結果が変わったという事を実感出来て、より自分の自信となりますね!!

だからどなたにでも出来るようになるスキルなんです!!

詳しくは

http://hkihara.com/im-works/workshop/

さて、明日もがんばります!!!







■この記事に関連する投稿(表示順はランダム)

ホーム > 日々の出来事 > DVD撮影をして思う事(1日目)

カレンダー
« 2017 年 4月 »
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
新着DVD
DVD絶賛販売中
リンク
QRコード
ステップメール
「可能性に満ちた自分」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る